宇宙兄弟が好きすぎて夢中になっている人が集まって、宇宙兄弟“で”トコトン遊んだり、宇宙兄弟のさらなる楽しみ方を考えたり、試したりする場所です。

ムッタたちの画像
入部する!

現在、コヤチュー部オンライン部室は、4つのプロジェクトを進めています。

  • 編集タイガー
    チーム

  • 北村絵名の部屋
  • エルドン企画
    広報室

  • ミラクルグッズ
    コーポレーション

  • 編集タイガーチーム

    タイガーチーム

    編集タイガーチームのメンバー募集です。 アポ

    宇宙兄弟を支えているのは
    編集者だけではない

    近未来の現実に近い世界を描く宇宙兄弟。その作品作りには、編集者以外にも多くの人が関わっています。宇宙飛行士やJAXAの方々、太陽フレアや天体望遠鏡の研究者、肺気胸に詳しいお医者さん、ロシアのバレエ団の先生など。専門的な知識を持った一流の方々が実体験や研究成果をもとにアドバイスをくださいます。

    小山宙哉さんは宇宙兄弟の作品世界に「入り込み」、「登場人物を見てきて」、彼らの行動や発言を描いている、とよく言いますが、一流の専門家たちによるアドバイスやレポートは、モノ、コト、大きいものから小さいものまで、作品世界に存在する一つ一つの「パーツ」の解像度が上がる手助けをしてくれています。

    マンガの1シーン1

    では編集者何をしているか?

    小山さんは、宇宙兄弟の「現在の世界」に入り込み、「登場人物の現在の姿」を見てきて原稿に落としていきます。彼ら登場人物が過去に何をして、何を言ったかを、小山さんが直接質問することができるのかはスタッフも知りませんが、小山さんは宇宙兄弟世界のレポーターではなく、ストーリーテラーです。向こうの世界で見てきたことを、マンガという形にして、わかりやすく面白く伝えるためには、彼らの過去についてもすべて知っておく必要があります。
    ただし、私たちが自分の過去の記憶を全て持っていないのと同じく、小山さんも宇宙兄弟世界の過去の情報をすべて頭に入れているわけではありません。過去の情報を取り戻すために、小山さんは編集者やアシスタントと協力し、どのシーンがどこでどのように描かれていたか、これまでの単行本を探すことも多々あります。この作業はただ過去を参照するだけではなく、そのシーンにどういう意味を込めたか。なぜそういうシーンになったか、などの附帯情報もあわせて得ることを目的にしています。

    小山さんからの質問

    これを書いてる間にも小山宙哉さんから質問が来ました。これまでの「週刊六太」で六太が何をしてきたか、それぞれの回に分けてマンガのシーンと一緒に探してもらえますか。だそうです。次の最新話では、週刊六太がまた出てくるのかも、などと想像しながら、私たちは過去の週刊六太を検索していきます。方法はただ一つ、宇宙兄弟のコミックスをあさり、週刊六太を見つけ、コマのスクショを撮り、六太がやったことをテキストに起こしていくことです。
    今回、オンライン部室の「タイガーチーム」に協力してほしいのは、まさにこの部分です。私がこの文章を書いている最中にも、ユヒコが週刊六太の情報をまとめ、第1回からどんどんLINEグループにあげていっています。優秀な編集者です。私は別の間接的な方法でこの作業を手伝おうとこの文章を書いています。つまりその方法とは、オンライン部室で「タイガーチーム」を組成し、こういった過去の宇宙兄弟に関する情報を集めるメンバーを増やすことです。

    マンガの1シーン2

    ピコの言葉を実践します

    つまり何が言いたいかというと「宇宙兄弟を好きでなんども読み返し、宇宙兄弟世界の過去についての情報に容易にアクセスできる人であればあるほど、作品作りに貢献する力を持っている」ということです。あなたのその力を、ぜひとも使わせてください。「お前の役に立つ脳みそは一個だけじゃねえだろ 使える脳みそは全部使っとけ」というピコの言葉を、宇宙兄弟の制作現場でも実践したいと思っています。

    そして、毎回それぞれ個人がコミックスにあたり、シーンを探してくるよりも、もっと良い方法を模索します。その方法とは小山宙哉が使う「宇宙兄弟辞典」を作るという方法です。コミックスよりも過去の情報にアクセスしやすく、その辞典を小山さんが手元に置いておくだけで、欲しい情報がすぐに見つかる。最終的にはそういうものを作り上げようと思っています。

    つまりこの「タイガーチーム」は、短期的には小山さんからの過去情報リクエストに応えつつ、長期的には索引の方法(五十音順なのか、時系列なのか、キャラ順なのか)をブラッシュアップして、ここでしかできない一冊の辞典にまとめあげるプロジェクトで、数人しかいない編集者だけでは始めることすらできないチームプロジェクトです。辞典が完成したら自分たちの手が不要になってしまう、と寂しがることはありません。この辞典のスタッフクレジットには、あなたの名前が刻まれることになります。

    そして、私たちはそのような力を持つ宇宙兄弟の熱狂的ファンの中からさらに、情熱のある人を探しています。情熱とは何かを始める時の叫び声が大きいことや徹夜して何かを成し遂げることではありません。ムッタやせりかやアンディやエディのように静かに自分の好きなこと、なすべきことに向かって一直線に進める人のことです。宇宙兄弟を何度も読み返すだけでは飽き足らず、スタッフが運営するSNSをフォローしたり、メルマガを読んだりして宇宙兄弟に関する周辺情報を集め、そして最終的にこのサイトのこの文章のこの箇所までたどり着いたあなたならば、「タイガーチーム」に入って、十分な力を発揮してくれると思い、参加をお願いしています(ちなみに何らかの手違いでこのページに運よくランディングした人がいたとしても、この小山宙哉が書いたわけでもない長い文章の羅列に疲れ、このゾーンまでたどり着くことはほぼ不可能です)。

    最後

    「タイガーチーム」といっても、宇宙兄弟と小山宙哉が、六太とフィリップのように最大の危機に陥っているわけではありません。ビンスや新田やケンジのようにこのプロジェクトに賛同してくれる有志であり、本線である作品作りを、自らのもともと持っている能力を使い、徹底的にサポートする、という意気込みで集まるチームになる願いを込めてこの名前をつけました。小山さんからの質問にいつでもスタンバイし、即時に応える必要はありません。それは編集者の仕事です。あくまで要請があった時に動ける人は動く、というチーム体制をとります。このプロジェクトの最大の目的は辞典の完成です。これは長期的にじっくり取り組むプロジェクトです。オンライン、オフライン、さまざまなコミュニケーションの方法で議論を重ねながら最高の宇宙兄弟辞典を作っていきましょう。いわゆる宇宙兄弟マニアの方の参加を、心からお待ちしています。

    ムッタとヒビト
  • 宇宙兄弟が好きで、個性的なメンバーの中で

    コヤチュー部オンライン部室は、「宇宙兄弟が好き」という大きな共通点を持った人たちが活動する場所です。キャラクター紹介ページを熟読していたり、グッズをたくさん持っていたり、イベントに欠かさず参加していたり、宇宙兄弟が大好きな人たちが集まっています。大きな共通点がある一方、それ以外のところを見ると、「グーみたいな奴がいて チョキみたいな奴もいて パーみたいな奴も」います。やっさんのようにおしゃべりな人がいたり、ケンジのように寡黙な人がいたり、中にはジョーカーズのような尖った個性を持つ人もいます。

    個性豊かな仲間たちからは、たくさんのアイデアが出てきます。「宇宙兄弟のクイズ大会をやりたい!」「パグフェスを開きたい!」「宇宙兄弟の和装帯を作りたい!」「講談社とガチンコのPR会議をやりたい!」「公式SNSでもっと面白いことを呟きたい!」などなど、それぞれのやりたいことや得意なことをもとに、企画のタネがどんどん生まれていきます。
    このタネを育て、形にしていくには、企画を面白がってくれて、手伝ってくれる人の存在が必要です。それは宇宙兄弟で言うと絵名のような人です。ISSでの実験が再開されたときも、「大丈夫、なんとかなるって!」と支えてくれた絵名の存在があったから、せりかさんは前向きになれたんだと思います。「ALSの治療法を見つける!!」という強い想いはなくても、そういう想いを持つ人がいると、ワクワクするアイデアがどんどん形になっていくはず!

    せりかさんを
    支え続ける絵名

    マンガのワンシーン(絵名パート)

    せりかさんのように明確な想いを持っているわけではないけど、キラリと光るものを持っている人も多くいます。そんな人にとっても絵名は重要な存在でした。将来に悩む妹との会話を思い出してみてください。

    ケイちゃんの背中を
    押した絵名

    絵名は、妹のケイちゃんに勇気付けるアドバイスをしています。
    「『できるようになりたい事』…ならどうよ?」
    「そーいうのでさ…時間を忘れて続けられるようなものが1コでも見つかればいいよね」

    さらに、ケイちゃんのすごいところや得意なところを素直に言葉にすることで、ケイちゃんが自信を持てるようになっています。そういった絵名の行動が、ケイちゃんの「できるようになりたい事」をはっきりさせてくれました。

    絵名のように、周りの人の良いところを見つけて、率直に褒め、勇気づけてくれる人も、この「北村絵名の部屋」では募集しています。

  • 宇宙兄弟は
    作品だけにとどまらない

    宇宙兄弟は、マンガそのもの、だけではなく、SNSやリアルイベント、グッズなど、そこから派生して生まれたコンテンツも楽しんでくれる人の多い作品です。そして例えばSNSでは作品の話ももちろんしますが、ダジャレ、川柳、天文情報などなど、宇宙兄弟という作品の枠をも超えて、様々な情報を発信しています(ダジャレでは日本のトレンド1位を取ったことも!!)。

    街並み

    宇宙兄弟で企画をしよう

    そんな派生コンテンツを楽しんでくれるファンの人たちに、どんな企画を見せられたらいいのだろうと僕たちは日々考えています。そんな中、オンライン部室の人がやりたいと声をあげてくれたのは、「パグフェス」「クイズ大会」「講談社とのガチンコPR会議」「ブライアン人形の旅」などなど、僕たちが考えたことのないような、ファンならではの愛にあふれた企画ばかりでした。

    このオンライン部室では、宇宙兄弟を使って、イベントをはじめとするさまざまなことを、わたしたちスタッフとともに企画していきます。このオンライン部室企画部が中心になって、一般のファンをまきこみながら、大きなムーブメントを起こしていくこともできます。例えば、この企画部で宇宙兄弟星空ツアーを地方の自治体と一緒に作りあげ、コヤチュー部公式イベントとして、たくさんの宇宙兄弟ファンと夜空を見上げる体験を考えてみませんか。宇宙兄弟の読者であれば、ISSの観測は欠かせないですよね。そのタイミングに合わせた日取りをおさえることはマストでしょう。

    さらに、流れ星がたくさん降る、流星群の日だったら、「願いかけ放題だな」とみんなで言いたい。
    そんなことを部室の中で考えながら、他の組織とコミュニケーションを取り、部室の外のファンも巻きこみ、当日に最高の体験を一緒に味わう。企画部はそういうことができる場所です。

    宇宙兄弟酒場には、連日足を運んでくれる人が現れ、その場に置かれたノートでささやかな交流も生まれました。読書会で部員が企画した、参加型の「シャロン天文台の点灯式」では、感激して涙を流す人も。
    あなたの企画と、同じ宇宙兄弟が好きという気持ちを待っている人がいます。

  • この、ミラクルグッズコーポレーション、略してMGCは、宇宙兄弟の公式グッズを作るプロジェクトです。

    宇宙兄弟の公式グッズを作る際に、僕たちが大切にしていることがあります。

    「普段使いしやすいアイテムに、宇宙兄弟の世界観をまとわせたもの」であること、です。
    過去グッズでいうと、裏面に月面の模様と、幼いムッタが日々人に言ったセリフを記した、宇宙柄のショルダーバッグや、ムッタのナンバーである「6」と、エディのセリフ “we are lonely, but not alone.” が書かれたパーカーなどがそれにあたります。普段使いできるような使いやすさをもちながら、宇宙兄弟のストーリーや、大切な言葉をさりげなく身にまとい、しっかり感じることができるようなグッズを作っています。

    ムッタとヒビト
    • チームの企画会議に入り、作りたい宇宙兄弟グッズの意見を出し合う。

    • 作りたい宇宙兄弟グッズイメージ作成し、実現可能かスタッフが検討。

    • 実現可能なら公式グッズ化し販売!

    今までのオンライン部室にも「公式グッズ企画部」というグループが存在し、「やっさんの五等下敷き」「ブギーのリフレクター」「スタードーム」「和装帯」といったアイデアを、公式グッズ化し販売してきました。

    こうしたグッズを企画するのに必要なのは、宇宙兄弟が生活の中に入り込んでいること。大事にしているシーンやセリフが、常に頭の片隅にあること。どういう場面で宇宙兄弟の言葉を思い出すのか、背中を押されたいのはどういう時なのかを、自分と同じくらい宇宙兄弟愛を持った仲間と語り合うことです。最後にそれを「モノ」に落とし込むことで、グッズの企画が生まれます。

    さらに今回、MGC立ち上げと同時に求めているのは、 グッズを企画するだけではなく、 こんな使い方したい!届いた時にこんな気持ちになりたい!こんな風に伝えられたら欲しいと思っちゃう!と、販売方法や伝え方を、宇宙兄弟愛を持って一緒に考えてくれるような、このチームの中心メンバーです。

    僕たちも気づいていないような、宇宙兄弟ファンの心をくすぐるアイテムの案を持ってきてくれる人をお待ちしています!

    ムッタ画像

入会特典

  • コヤチュー部プレミアム
  • 会員イベント写真

追加料金なしでのファンクラブ「コヤチュー部プレミアム」への入会
月二回開催のイベントへの無料参加
など

ペン

募集概要

コヤチュー部オンライン部室では、定期的に新規部員を募集しています。

新規入会部員は、現在、約60名いるメンバーと合流することができます。

応募方法

下記
募集フォームにて応募

応募内容の確認
確認のため、数日お待ちいただきます

入会のご案内
内容に不備がなかった場合

入会後の流れ

  • 入会のご案内と
    サイトへのログイン案内
  • サイトへログイン!
    まずは、サイト内で自己紹介/プロフィールページを充実させましょう。
  • 説明会への参加
  • 月二回の定例会への参加
    説明会と前後してもOKです!

※それぞれ会場は東京都心です。が、オンラインビデオツール「zoom」による、オンライン参加も想定しているため、東京以外にご在住の方もお気軽にご応募ください。

入部する!
デバイス画像

活動内容

・・・

オンライン部室のメンバー(部員)は、専用のWEBサイト(部員限定で閲覧可能)で、オンライン交流を行いながら、「オフライン定例会」・「プロジェクト」などに参加し、それぞれの楽しみ方をしています。

オフライン定例会

・・・

月一回、宇宙兄弟にまつわるゲストが登場。宇宙兄弟の裏話や、近未来の宇宙に関することを聞いたり、宇宙兄弟に関するアクティビティを行っています。立ち上げ期間中にも、様々なジャンルからゲストを招きました。

これまでのゲスト(一例)
  • 長尾彰さん

    ファシリテーター

    長尾彰さん

    (著書:『宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。』)

    「ジョーカーズのようなチームになるにはどうすればいい?」

  • 羽賀翔一さん

    漫画家

    羽賀翔一さん

    (『君たちはどう生きるか』、『インチキ君』ほか。宇宙兄弟アシスタントとしても活動)

    「アポのスピンオフマンガのネームをみんなで見よう!(小山さんからどんなアドバイスがあったか、教えてもらおう!」

  • 岡島玲奈さん

    株式会社ALE(人工流れ星を開発中)代表取締役

    岡島玲奈さん

    「2020年、広島で人工流れ星。「願いかけ放題」?流れ星の未来について話そう!」

  • 坪井一菜さん

    女子高生AI りんな
    プログラムマネージャー

    坪井一菜さん

    「ブギーはどれくらい“リアル”なのか? 最先端AIの開発者がブギーを検証します!」

  • アニメ『宇宙兄弟』プロデューサー

    読売テレビ・永井幸治さん

    「プロデューサー」の仕事とは?&アニメ第2期スタートをみんなでお願いする会

  • 片岡龍峰さん

    国立極地研究所准教授
    宇宙空間物理学者

    片岡龍峰さん

    オーロラ・太陽フレアから見る宇宙兄弟! 国立極地研究所准教授が、オーロラを語る!

集合写真

入会特典

  • コヤチュー部プレミアム
  • 会員イベント写真

追加料金なしでのファンクラブ「コヤチュー部プレミアム」への入会
月二回開催のイベントへの無料参加
など

プラン&料金

・・・

メンバー

月額 3,000 (税込)

・ここだけに公開される限定情報や先行公開コンテンツ

・宇宙兄弟の話に心から共感しあえる仲間との交流

・各種会員限定イベント参加

※お支払いはクレジットカード(VISA、MasterCard)のみです。

※ご利用可能なカードブランドのクレジットカードをお持ちでない方へ、審査なしで発行できるVisaデビットカードをお勧めしています。https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/find-a-card/debit-cards.html

入部する!

新規メンバー募集案内

・・・

以下のお申し込みフォームから登録をお願いします。お待ちしています!

お申し込みこちら

よくある質問

・・・

  • 今までの「コヤチュー部」の活動はどうなりますか?

    これまでと変わらず続けていきます。焼肉会や新刊読書会などの公式イベント、毎週のメールマガジン『週刊宙哉』の配信など、これまでの活動は変わらず続いていきます。オンライン部室は、『宇宙兄弟』や小山宙哉の活動をこれまで以上に楽しみたい人のための場とお考えください。

  • 首都圏外に住んでいるので、これまでイベントなど参加したことがありません。それでも楽しめますか?

    現在いるメンバーの中には、北海道、静岡、大阪、兵庫、和歌山、福岡、名古屋などに住んでいる方がいます。首都圏に住んでいても、オンライン部室に入るまで、コヤチュー部のイベントに一度も参加したことがない、という方もいます。メンバー専用サイトは24時間いつでも書き込みができますし、オンラインのビデオチャットツールで飲み会を開催したり、ビデオをつないで(スマホでできます)月二回の定例会に参加したりと、住んでいる場所に関係なく、それぞれの楽しみ方を見つけられるような場を目指しています。

  • 周りにコヤチュー部員がいないので、一人で入部して馴染めるか、不安です。

    すでに何度もイベント参加をしているメンバーで、コヤチュー部員同士で仲良くなっている人たちもいますが、最初は「おひとりさま」での参加の方が圧倒的に多いです。立ち上げメンバーも、一斉に入部したわけではなく、徐々に入部してきていましたが、新しく入部した人に対して、少しの勇気を出して、自己紹介をしてみると、多くの人が、コメントを返してくれていました。
    その他のよくある質問は、こちらから

注意事項

・・・

※コミュニティ内の投稿は、メンバーのみの限定公開を前提にしています。よって、コンテンツ(写真・文章等)の無断転用や許可なしでのメンバー写真のアップなどはお控えください。ただし、投稿を個人が特定できない形でご紹介させて頂く場合がありますのであらかじめご了承ください。

※メンバーが安心して気持ちよく交流出来るコミュニティをつくるため、誹謗中傷や運営側が不適切と判断したコメントは削除させて頂く場合がございます。また、他メンバーへの迷惑行為、情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方の参加はお断りします。確認されたメンバーには、警告や強制退会などの措置を取らせて頂くことがあります。

※コルクの利用規約に準じます。

以上、どうぞよろしくお願いします。

コヤチュー部オンライン部室事務局

お問い合わせ

・・・

小山宙哉ファンクラブ・コヤチュー部運営事務局

info+koyatube@corkagency.com
(平日9:30~17:30)

※少数のスタッフで対応しております。お問い合わせの回答に、2~3日要することもございます。ご了承下さいませ。